書いた原稿を製本して書店にならべる

自費出版は、うまくいけば有名になり印税が入り有名になって大きな夢を狙えます。
何年も持ち続けてきた夢に向かって、挑戦したいと考える方も多いと思います。

 

 

しかし、自費出版するには、それなりにお金がかかります。

 

ネットには
「詐欺じゃないの?」
「騙された!」
「トラブルになっています」
など、気になる記事も見かけます。

 

 

自費出版はやばいのかな?
騙されるのかな?
悪い情報ばかりだと、そう思っても仕方がないですよね。

 

 

 

文芸社の自費出版には詐欺やトラブルなどはありません。

 

自費出版には、お金がかかります。
製本、人件費、経費など、製本する冊数によって費用が変わります。
大量に製本すればそれだけお金がかかります。
予算を考えて計画的に進めることが大切です。

 

なので、いきなり自費出版を申し込むのはやめた方がいいです!

 

 

申し込む前にはしっかりと確認しましょう

申し込む前に、どんな流れで話が進むのか確認しましょう。

 

まずは自費出版の流れがわかる「資料」を取り寄せしましょう。
あなたが考える予算やビジョンに合うのか確認が必要です。

 

資料請求は無料

 

文芸社「自費出版」資料請求

 

自費出版について、いろいろな特徴や見本など、無料の資料の中に載っています。
あなた自身で資料を取り寄せ、出版についての情報を、しっかりと説明されてる資料で確認してみてください。

 

 

無料で本を作ることはできません。
製本する冊数が多ければ多いほど費用がかかります。
最初にあなたの本を作るための製本や販路の準備などに高額の準備金が必要になります。

 

自分の本は売れる!と思い
いきなり何千冊とかで契約されると、準備金も高額になります。

 

そのため、資料を取り寄せて、しっかりと考える事が大事です。

 

 

趣味から次のレベルへ

いままで趣味で書いてきた小説。
誰のためでもなく、自分のために書いてきた方も多いと思います。

 

 

でも、なんででしょう?
原稿を書き終えてみると、自分で読むだけでは物足りなくなって、誰かに読んでもらいたい気持ちが出てくるんですよね。

 

自分が作家として、どれくらいのレベルなになっているのかも、気になるのではないでしょうか。

 

最初、書き始めたころはそんなこと考えてもなかったのに、書き終えるといろいろ思うことが増えます。
いくつも書いていくと、自然とレベルもあがりますからね。

 

物語を想像し、書いて楽しむだけから、読んで欲しい気持ちと、自分の作家としてのレベルを確認したい方は、コンテストに応募するのがいいですね。
入賞なんてしちゃったら、自分が認められたことになるので最高です!

 

 

コンテストに応募して確認するのもひとつの方法ですし、自費出版でチャレンジするのもひとつの方法です。
毎年、たくさんのコンテストが開催されています。

 

あなたが考える予算と、あなたが描いている未来に近づいていく方法を考えて進めるのが大切ではないでしょうか。